ニューカレドニア観光局

ヌメアは1855年から77年かけて整備され、碁盤の目状に広がっている。 多くの交通機関やレストラン、買い物が楽しめるブティック、水族館からカジノまで、昼も夜も遊びどころが沢山。美しい海に向う前に、この南国の都会をご堪能あれ。

ニューカレドニアはフランス領。当然、料理もデザートもフランス譲りの繊細な味付け。ヌメア市内には沢山のフレンチレストランがあり、それぞれの店ごとにフランス本国の各地方(プロヴァンス、ブルターニュなど)の味付けが楽しめる。 大自然が育んだ新鮮な食材を、「食」の国フランスの味付けでいただく。とてもとても贅沢なひととき。

サーモンピンクやレモンイエローの色がちりばめられた色彩や、コロニアル風の建築様式は、 開放感のある南国の空気の中に、どこか穏やかな気品を感じさせる。

しっかり腰を据えてダイビングなど海を楽しみたい人にも、雄々しい陸の自然を堪能したい人にも、ヌメアはお勧めの街だ。アメデ島やカナール島など、都会のすぐ近くにある離島や世界遺産のブーライユ、ニューカレドニアのもう一つの顔である、赤土の世界が広がるリビエルブルー州立公園へも、ヌメアを基点にすれば便利に移動する事ができる。