ニューカレドニア観光局

ヌメアからブーライユまで、グランドテール島西海岸に沿って伸びる160キロの街道沿いには、離島へ行くのとはまったく異なる風景が広がっている。南北に伸びる1000メートル級の山脈。山裾にはニアウリの木が生い茂り、牛たちがのどかに草を食む広々とした牧場が続く。
街道沿いには、地元で評判のレストランや、ニアウリエッセンスを製造する工房などが点在し、1909年に建設された鉄橋、植民地時代の歴史をテーマとした博物館や遺跡が島の歴史を彷彿とさせる。

19世紀の開拓者の子孫たちが発展させた牧畜と農業の町、ブーライユ。緑豊かな谷あいには大規模な農地が広がり、またカウボーイたちが牛追いする広大な牧場が点在。
8月に開かれる農業フェアでは、ロデオ大会が開かれ、祭りを盛り上げる。ブーライユの町の入り口にあるブーライユ博物館にはぜひ訪れたい。
19世紀の倉庫を改造してつくった建物の2階に植民地時代の人々の生活がうかがえる展示、1階には地域の物産品とブーライユ観光案内所がある。

ブーライユ一帯の海域は、ジュゴンやウミガメが生息するユネスコ世界遺産に登録されたサンゴ礁の海域。グリーン島には美しい白砂のビーチが広がっている。
シュノーケリングをすれば多種多様な海中生物たちを観察可能。また、マリンジェットやフライボード、バンバーチューブ、スタンドアップパドルなど、お気に入りのマリンアクティビティを楽しみながら、美しい自然に包まれてくつろぐことができる。

楽しみは海だけにとどまらない。
平原となだらかな丘が続くデヴァ・ドメインで、サイクリングやトレッキングを楽しむことができる。デヴァにはピート・ダイ設計による18ホールの技巧派ゴルフコースが広がる。
2014年にオープンしたシェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・リゾート&スパは、60棟のバンガローと120室のルーム、そして、18ホールのゴルフ場と最先端のスパ施設で構成され、グランドテール本島の魅力を堪能できる。