ニューカレドニア観光局

入国 immigration

パスポート 必要です。
帰国便チケット

もしくは第三国に抜ける航空券

必要です。
検疫申告書・ ニューカレドニア 経済統計局アンケート

表裏面で1枚の用紙。

必要です。
  • 機内で配布
  • 記入方法については、エアカラン機内誌に説明がありますのでご参照ください。
  • 職業などを英語で記述できるようにしておきましょう。  出入国書類の詳細はこちらをご確認ください。
入国カード 不要です。
ビザ 不要です。
  • 日本国籍の方で、観光目的で3ヶ月以内の滞在であれば必要ありません。
  • パスポートの有効期限は滞在日数プラス3ヶ月あることが必要です。

ビザに関する問い合わせは、在日フランス大使館領事部へ。

在日フランス大使館領事部
〒106-0047 東京都港区南麻布4-11-44
(03)5798-6000
http://www.ambafrance-jp.org/

入国手続き

  1. 航空機到着
  2. イミグレーション
    (入国管理局)
  3. バゲージ・
    ピックアップ
    両替のための銀行があります。
  4. 通関
    通関申告のための記入用紙はありません。 無申告の場合には、そのまま通過します。
  5. 検疫
    「検疫申告書・ニューカレドニア経済統計局アンケート」を提出します。
    出入国書類
  6. 入国
    ようこそニューカレドニアへ!

免税範囲・持ち込み禁止・制限

免税範囲

タバコ類 紙巻きタバコ200本、もしくは小型葉巻100本、もしくは葉巻50 本、もしくはタバコ250グラム
アルコール類 ワイン 2リットル、22 度を越える蒸留酒やスピリッツ類1リットル、もしくは22度以下の蒸留酒やスピリッツ類2リットル
香水類 香水50g オードトワレ 1/4リットル
コーヒー コーヒー 500g もしくはコーヒー・エッセンス 250g
茶類 茶類 100g 茶類のエッセンス40g

17才未満の旅行者には、上記のタバコおよびアルコール類の持込みに関する免税は適用され  ません。それ以外 15歳以上の場合30000CFP、15歳未満の場合15000CFPを超える価格の物品を 持ち込む場合に申告してください。

持ち込み禁止

麻薬類/偽造物/武器、弾薬 (輸入許可証のある場合を除く) 動物/肉類/植物の輸入は一般に禁止 (特別許可証のある場合を除く)

通貨の持ち込み制限

通貨の持ち込み・持ち出しに関する制限額はあり ません。
ただし、金額が909,100CFP(パシフィックフラン) 以上、もしくはそれに相当する外貨の場合、税関 に申告しなければなりません。

入国税

ありません。

動植物や食物の持ち込みに関してのお問合せ先

SIVAP SERVICE D'INSPECTION VETERINAIRE, ALEMNTAIRE ET PHYTOSANITAIRE (SIVAP) 2, rue Russeil - Port autonome BP256-98845, NOUMEA
(687) 24.37.45
(687) 25.11.12
svpv@terr.nc
トントゥータ空港事務所
(687) 35.11.94

出国 departure

出国手続きはとても簡単です。パスポートと搭乗券を提示するだけです。

再両替

ニューカレドニアの通貨、パシフィック・フランは日本では再両替できる場所が限られています。 できれば、トントゥータ国際空港内の両替所で日本円に戻してもらいましょう。両替所は、1階ロビーの到着側にあります。

再両替せずに日本にパシフィック・フランを持ち帰ってきた場合、成田空港・関西空港内にある銀行、もしくはパシフィックフランを扱う国内の銀行・両替所で円に戻してもらうことも可能です。 ただし、千フラン札以上の紙幣しか受け付けないなど制限があります。

持ち出し制限

原則的には、入国時の持込制限と同じ規則が適用されます。”通関と免税範囲”、”持ち込み禁止物”、”通貨の持ち込み制限”を参照してください。

通貨・両替 the money , money exchange

両替について

現地の通貨はパシフィック・フラン(CFP/XPF)。ニューカレドニアで両替できます。
成田空港、関西空港、ともにパシフィック・フランへの両替を行っている銀行・両替所窓口があります。
現地銀行で米ドルやユーロから両替することも可能です。

手数料

一般的に、手数料は500~700パシフィック・フラン前後。ホテルなどでは手数料なしに両替してくれますが、レートは銀行より低いようです。

ヌメア以外では両替してくれるところは少ないので、離島に行く人はあらかじめヌメアで両替しておいた方がいいでしょう。

再両替

帰国時にトントゥータ空港で円(もしくは他の国際的に通用する外貨)で再両替が可能です(空港内にあるのは、BCIという銀行の出張所)。
日本でも下記の銀行・両替所でも、パシフィック・フランを扱っていいます。紙幣であれば、日本円への再両替も可能です。

電話番号 ホームページ
トラベレックスジャパン 03-3568-1061 http://www.travelex.co.jp
東京クレジットサービス 03-5275-7601 http://www.tokyo-card.co.jp/wcs/
池田泉州銀行 (フリーダイヤル) 0120-041892 (関西空港出張所)072-456-7031 http://www.sihd-bk.jp/
京葉銀行 成田空港出張所 0476-34-6368 http://www.keiyobank.co.jp/
  • ヨーロッパでは2002年より通貨統合の結果、ユーロが使われていいますが、ニューカレドニアの通貨はフレンチパシフィック・フランのままです。 1 EURO = 119.33 CFP(固定レート) 1 CFP = 約1.12円(2015年2月現在) なお、ニューカレドニアではクレジットカードでもパシフィック・フランで払います。ユーロ建てでは支払いません。 最新のレートを知りたい場合には、現在のユーロのレートを新聞や旅行HPサイトで調べて、119.33で割ってください。
  • 2014年1月20日、ニューカレドニアの紙幣のデザインが変更され、同年10月1日以降、古いデザインの紙幣は使用できなくなりました。

銀行

平日7:30~15:45(土・日・祝日は休み) 日本のATMにあたる現金自動支払機は24時間利用可能で、銀行の出入り口の横に設置されているほか、マジェンタ空港、トントゥータ空港、カジノにもあります。
BCIはニューカレドニアでもっとも支店数の多い銀行で、VISA、MASTER、CIRRUSなどが利用できます。
トントゥータ国際空港内の両替所は、曜日にかかわらず飛行機の発着時間にあわせて営業しています。

クレジットカード

ニューカレドニアではクレジットカードはかなり普及しています。ホテル、レストラン、ブティックなどでの支払いに、カードが利用できるのは諸外国と同様です。カードの種類では、VISA、AMEX、MASTERが町中のレストランやスーパーなどで使えるのに対し、それ以外のJCB、DINERSなどは外国人観光客の多いところ(ホテルや免税店)に限られています。
銀行の現金自動支払機ATMもあるので利用できます。 ただし、一枚のクレジットカードにすべてを頼ってしまうのも考えものです。ニューカレドニアでは紛失時の再発行がスムーズにはいかないからです。常に万が一のことも考えておきましょう。

ニューカレドニアではクレジットカード利用時に、サインをする従来の形式ではなくて、暗証番号を打ち込む方式を採用しているレストランやショップが増えてきました。銀行カードの暗証番号は覚えていても、クレジットカードの暗証番号を覚えていない日本人旅行者はかなりいます。必ず出発前にクレジットカードの暗証番号を再確認しておきましょう。